日本は食は大丈夫?中国の不正漁業を考える

1.中国などの外国の不正漁業は大問題になっている

日本の食卓に魚は欠かせません。
肉ばかりでは飽きてしまいますし、やはり魚を使った料理というのも必要になってくるでしょう。

特に和食は魚に支えられているので、漁獲量が減れば日本の食卓も変わってしまうものです。
また、体質も変化してしまうでしょう。

ですから中国などの外国の不正漁業は大問題にもなっています。
不正漁業は日本の魚の収穫量を減らしてしまうだけでなく、まだ食べられないような小さな魚までもが先に取られてしまうことで、日本の海に魚がいなくなってしまうようにもなります。

ですから不正漁業をやめてもらわないと、そのうちすべての魚が高級魚になってしまう事態も避けられなくなってしまうでしょう。
ですが口で言っても素直にやめてもらえないのが現状です。

口で注意してもやっているのは、いけないことと自覚していながらやっていることでもあるので、漁師での解決だけでなく、政治間での解決も必要になってきます。

2.日本の国力の低下、不景気というのが大きく影響している

ですから、こういう時こそ外交力というのが必要にもなってきます。
不正漁業がないように自衛隊が見張ってもいますが、見張りを強くすれば別のところでの不正を働くので、やはり国との話し合いも大事でしょう。

ですがこうした不正漁業が増えてきた背景には、日本の国力の低下、不景気というのが大きく影響しています。
日本はもともと製造したものを国外に輸出することで大きな利益を上げてきた国ですから、国土というのは狭く、自分の国の製造物だけで豊かにしていくのは難しい国でもあります。

なのでそうした広い国土を武器にして成長してきた中国と立場が逆転してしまっているということが原因とも言えます。
昔の高度成長期の日本でしたらとても豊かでお金があったので隣国もむやみに敵意を向けてくるようなことはありませんでしたが、今や経済成長は中国の方が上です。

ちなみに中国から輸入しないとやっていない現状もあるので、そうしたことが中国と日本の関係に亀裂を生じさせているともいうことができます。
不正漁業について日本が口うるさく抗議しても、中国側は無視しているのです。

なので国民がもっと真剣に考えなければいけないですし、日本の生産性というのをあげていかなければいけないでしょう。
少子高齢化が心配されているので、外国人労働者に頼るあまりに日本の財産が奪われないようにも注意しなければいけないでしょう。

3.結局、自分の国の指導者の判断に任せるしかない

しかしながらこうした国の衰退の危機感は日本だけが抱いているものではありません。
今は良くても、今後悪化してくることは他の国でも考えられます。

国同士のルールを違反していてはどうなるか、それを頭に入れていないわけではないので、国同士の話し合いでうまく解決していくことを願うしかないでしょう。

こうした国の問題は国民が危機感をもっていても、一人一人の力ではどうすることもできず、自分の国の指導者の判断に任せるしかないということがあります。

ですから出来るだけ指導力のある人を総理に選んだり、選挙に参加するようにもしましょう。
かかわりを持てるところでもっていかないと魚の問題だけでなく他の問題にも飛び火してしまうものです。

また、海というのはそもそも境界線が分かりにくく、魚は自由に泳いで行き来しているものです。
なので揉め事に発展してしまうものですが、こうした海の問題も迅速に解決していけると良いでしょう。

領土問題というのは歴史をさかのぼればそれで解決するのではなく、国によってはもっと昔の記録を出してくることもあるかもしれません。
ですから今生きている人たちで決定していくのが望ましいのです。
そのためには知識だけでなくコミュニケーション能力というのも養っていくようにすると良いでしょう。

テロから身を守るためにできること

1.テロからいかに身を守るか?

世界では銃や爆弾、暴走車によるテロが頻発しています。
安全と言われる日本でも、戦後には歴史に残る大きなテロ事件はいくつもあります。

非日常的な出来事のようでも、いつ起きるかわからないのが現実です。
特に海外へ仕事で行ったり、旅行をするとなればその前にテロから身を守るために出来ることを考えなければいけません。

それを考える上で大事なことは、第一に人質や攻撃の対象となるようなことを防ぐこと、第二に危険な場所に近づかないことです。
最初の人質や攻撃の対象となるようなことを防ぐというのは、どういうことなのかというと、例えば海外に行った時に日本の国旗がついていたり日本語の書かれているものを身につけてしまうことです。

日本人は、比較的裕福な国として知られています。
ですから、人質にしたとき家族や政府に対して多額の身代金を要求できると思われても不思議ではありません。

それに政治的なことを言えば、日本はアメリカの同盟国です。
中東などアメリカと対立している国の人間が、その同盟関係にダメージを与えようとして日本人を標的にすることだってありえます。

2.服装はできるだけ目立たないようにする

では、どうすればいいのかというと、服装はできるだけ目立たないようにすることです。
個性をあまり見せないTシャツや現地の人が着ている服にすることで目立ちにくくするのです。

女性の場合には髪や肌の露出が、宗教的に問題となることもあるので、自分が信仰しているのとは関係なく、刺激をするようなことはやめておきましょう。

宗教ということでいれば、十字架など宗教的な物を身につけるのもやめておきましょう。
異教徒を攻撃に対象にすることはよくあるのでファッションとして何気なく使っているものでも一度確認しておくべきです。

テロは、海外に行く前から狙われている可能性もあります。
例えばSNSでどこかに旅行や出張へ行くということを書き込んでしまうと、その情報を元に待ち構えているかもしれないからです。

楽しいことは色んな人と共有したいとおもうかもしれませんが、その情報を見ている知人の中に危険な思想を持っている人が潜んでいることだってあります。
安全のためには、用心をしておくに越したことはないのです。

3.テロの頻発している国、都市に出来るだけ行かないこと

二番目の危険な場所に近づかない、というのはテロの頻発している国、都市に出来るだけ行かないことです。
世界中の国の安全については、外務省が海外安全ホームページにて情報を発信しています。

危険レベルが1から4までありレベル1が注意喚起、レベル4にもなると退避勧告となります。
レベル4ともなれば戦争が起きていたりして、普通の人が入り込むことすらできない場所ですが、それ以下の危険レベルとしても油断はできません。

あとは、よく凶行が行われるようなところには、できるだけ行かないことです。
とはいうものの、標的になるのは空港や駅、市場など人の集まる場所です。

それらの場所に足を運ばないというのは、難しいかもしれません。
ですから、警備員がいたりセキュリティチェックが行われている警備の厳しい場所のそばを探して、安全を確保するようにしておきましょう。
政府や国連の施設なども標的になりやすいので、よほどの用がないときにはそういった場所は避けておきましょう。

これらのことに気をつけても、テロの現場に遭遇してしまうかもしれません。
そのときに安全な場所に走って避難して隠れるか、銃撃が続いていて身を隠す場所がないなら床に伏せるようにしましょう。

決して抵抗するようなことをしないことです。
安全な場所に隠れることが出来たときには、犯人に気づかれないよう携帯電話・スマートフォンの電源は切るか、マナーモードにして音がでないようにしておきます。

不景気な日本にカジノが上陸したらギャンブル依存症が増える?

1.国内の利用者によるギャンブル依存症の懸念について

国内でカジノの解禁が決まり、海外からの観光客増加などを中心に、経済活動の活性化が期待されています。
一方では、国内の利用者によるギャンブル依存症の懸念も出ており、正式に運用が始まれば依存症が増加するのではとの見方があります。

この懸念に対し、専門家や政府は対策を行うことで回避できるとしています。
具体的には、依存症と認定された人は顔写真などの情報を共有して、カジノの入店時に認証を行うなどです。

ただし、医師が個人情報を第三者に渡すのは問題ですし、国民を納得させる必要があるので、必ずしも良い対策方法とはいえないでしょう。
勿論、法的な問題がクリアされれば良いですが、この点には注視する必要があると思われます。

不景気な状況下で日本に魅力的な遊戯場が上陸したら、その条件で考えるとまた見方は違ってきます。
不景気は就労者の割合を下げ、暇を持て余したりお金に困る人を増やすので、結果的にギャンブル依存症に繋がるリスクが高まります。

その点は、やはり誰にも完全には否定できないでしょうし、一時的に増加して問題になる可能性もあります。
懸念に対し国には対策を行う責任があるものの、パチンコが禁止されていなかったり、決定打となる依存症対策が行なわれていない点が気になります。

2.日本国内に320万人のギャンブル依存症が疑われている

カジノが安全だというならパチンコの対策も実行せよ、といった声があるのも確かです。
厚生労働省の統計によると、2017年の時点で日本国内には320万人のギャンブル依存症が疑われています。

前年度との比較で増加傾向にありますから、今後も増えていく可能性はあると考えることができます。
増加している原因はいくつか存在しますが、1つは不景気のあおりや就労の不安に見えない将来など、お金に関する問題が根底にあるといえます。

社会的なストレスで不安を感じやすい人は、ギャンブルで不安が弱まるとの研究結果が存在しています。
脳内物質との関係も分かっているので、ギャンブル依存症は思いの外、強固な依存状況を生み出すメカニズムがあるわけです。

解消できない不満がギャンブルで快楽に変わる、このプロセスも依存性者が誕生する一因です。
つまり、経済的な不安などはあくまでも切っ掛けに過ぎず、依存状態を継続させる環境さえあれば、快楽が得られる限り止められなくなってしまいます。

3.入店時に個人を確認する仕組みを設けることは一つの方法

カジノもパチンコと同様の懸念が生じますし、よりスリルが味わえるとなれば、ギャンブル依存症が増えても全くおかしくないです。
懸念を解消したり負の連鎖を断ち切る為には、根本的に対処して状況を改善へと導く必要があります。

依存症は立派な病気なので、クリニックに通院したりカウンセリングを受けるのが有効です。
ただ、経済的に苦しい人は悩みを相談する余裕がないので、国が補助をするなどの対策が不可欠となるでしょう。

カジノにおいては、入店時に個人を確認する仕組みを設け、複数の店舗で情報を共有するようにするのが1つの手です。
過去に金銭などでトラブルを起こした場合は、入店時に利用を断るというのが有効打となり得ます。

引用:オンラインカジノ比較ナビ|稼げるカジノ攻略法や最新ニュースが満載!

不景気な日本にカジノが上陸したらどうなるか、その疑問にはギャンブル依存症が増える懸念があると答えられます。
しかし、依存症の患者は既に増加傾向を見せているので、それが決定的な要因になると断言は不可能です。

一時的に増加傾向を強めてしまうとは考えられますが、きちんと対策を行えば回避できると結論付けられます。
大切なのは有効な仕組みを作り上げ、全店が協力する形で取り組みをすることです。

また医療をサポートする形を作ることも、これからの依存症患者の増加を防いだり、早期の治療を実現するポイントとなります。
不景気は依存症を生み出す温床にはなりますが、それを理由に言い訳にはせず、きちんと対策をすることが国に求められます。

暖かい12月!日本の四季はなくなるのか?

1.気温に関しての寒暖の差はこの先も激しくなる

近年の季節の傾向として暖かい12月を過ごしてしまうと、日本の四季はなくなるのではないかと考えることも出てきます。
結論から言うと完全になくなるということはないですが、気温に関しての寒暖の差はこの先も激しくなるのは確実です。

寒いはずの冬に夏日のような温度の高い日が出てきたり、春に咲くはずのタンポポの花が気温の高さ花を咲かせたり、猛暑が厳しい真夏にゲリラ雨があったりと、天候の乱れは誰も気になります。

海洋と大気に関してはゆっくりと温暖化をしており、見事なまでにあった雪氷の量は減っているのも事実です。
それに伴い海水面は雪や氷がとけたために上昇をしていますし、濃度の増加も避けられないのは温室効果ガスです。
国内の気候に対して確実に進んでいる地球温暖化の現象は、あらゆる影響を与える要素になります。

春シーズンを迎えると黄砂が舞うことはありますが、春に限定することなく気温が上昇をする真夏も、レジャーに出かける人が多い楽しいはずの秋にも、黄砂が飛ぶのは避けられません。

これまで年に数回歩かないかの竜巻に関しても、国内で頻繁に見られるようになり危険です。
テレビのニュースでしか竜巻を見たことが無い人の方が多いですが、頻発をするようなことになれば、安易に外に出歩くこともできません。

2.温暖化の影響を受けると梅雨の季節はどうなるのか?

6月に入れば美しく可憐な花をみせる、青やピンクのアジサイが咲き乱れて、梅雨の季節の到来を告げます。
夏前のほんのつかの間の梅雨時期は、雨天の日は多くはなるものの期間限定だからこそ情緒があって、短期であればさほど悪いものではありません。

ところが温暖化の影響を受けてしまうと、梅雨時期が空けるのは大幅に遅れてしまい、ジメジメとした梅雨時期が長引くばかりです。
一定期間だからこそ梅雨は美しさを醸し出しますが、長期間続いてしまうと気分も晴れることがありません。

また梅雨が明けたとしても、起こりやすくなるのが集中豪雨であり、ただでさえも長引いた梅雨時期を超えての豪雨ですから、著しく雨の量は増えてしまいます。

雨の量が過度に増えてしまい、1時間あたりに降るのが100ミリ以上になれば、あらゆる施設が穏やかな状態ではありません。
想定外のことが様々な場所で起こりやすくなるので、地下道浸水が起きてしまったり、堤防決壊などのリスクも高まるばかりです。

3.スーパー台風が来年以降も増える恐れは十分ある

その反面で数的に台風が起きることが減りますが、今度はスーパー台風のような狂暴化する恐れがあります。
国内を巡るコースとしては、今までの台風の通過傾向よりも東寄りになると考えられており、台風への対策は十分に行わなければなりません。

参考:25年ぶりの強い台風21号、西日本で多数死傷 強風に高潮

冬が近づけば季節風により冬特有の寒さを感じますが、だんだんとその弱下が弱くなりますので、冬の厳しい寒さは緩んできます。
寒いのが大の苦手な人にしてみれば、真冬の寒さにふるえなくてよいのは少し嬉しいかもしれません。

しかし日本海側に目を向けてみた時、今度はそちら側では大雪という事態が発生をする可能性が高いです。
春の初めはまだ肌寒く、秋が終わりに近づくころには、冬の厳しい寒さを感じ始めます。

この状態がスッキリと終ることなく、11月から翌年の3月を迎えるあたりまで続きやすくなりますので、これまでの気候に適合していた身体は、体調不良を感じることも出るかもしれません。

春一番は春に吹いてこそですが、真冬の時期でもその風が吹いてしまえば、温度で春を察知する桜が開花をする時期も早まります。
春の入学式シーズンに桜が咲くのがこれまでの常識であったのが、温暖化が進むことで入学式の時期になると、桜が咲いて美しい光景は減ってしまう可能性が高いです。

極端化をしているのが日本の四季でもあり、地球温暖化による異常気象の発生確率は、この先も高くなることが考えられます。

日本だけでなく世界中で地震が増え続けている

1.世界中で地震が頻発し始めている

日本では2018年9月6日に北海道胆振東部地震が発生し、その後も余震が続く中、東日本大震災の余震と思われる揺れも散発的に起こっています。
ここ数年で懸念されているのが、大規模地震が日本だけに集中して発生しているのでなく、世界中で頻発し始めていることです。

特に2018年8月19日から翌20日にかけては、環太平洋火山帯において24時間のうちに、大地震と定義されているマグニチュード4.5クラスの揺れが53回も続けて起こったとされます。

その際に最大震度を観測したのがフィジー近海でのマグニチュード8.2でしたが、幸い震源が非常に深いところだったことから津波などの深刻な被害にはつながりませんでした。

それらの異常な頻発から1か月も経たないうちに北海道胆振東部を震度7の揺れが襲ったことになり、南海トラフや千葉県東方沖での大規模地震の発生が改めて憂慮されています。

東日本大震災の折も、2011年2月22日にニュージーランドのカンタベリー地方で起きた震災からひと月も経たないうちに我が国が大震災に見舞われました。

そのため環太平洋で発生した揺れは特に、対岸の災害には終わらないことを多くの人が認識したはずでしたが、2018年は国内で異常気象による豪雨災害や猛暑の被害が問題視されていたことで、9月の北海道の発災は常以上に不意を突かれた感があります。

2.大きな揺れはおよそ32年という周期で発生している

近年の震災は決して不意打ちなどではなく、数年前から複数の地質学者たちが2018年のとりわけ後半から、マグニチュード7.0クラスの揺れが頻発する可能性を指摘していたと言われています。

その指摘には学術的な根拠があり、世界中で1900年以降に起きたマグニチュード7.0を上回る大きな揺れに関して分析を行った結果、そのクラスの大きな揺れはおよそ32年という周期で発生していることが明らかにされました。

しかもそのデータが地球の自転速度の変化と連動しているかのような調査結果も発表されたことで、現在世界中で起こっている火山活動の活発化や震災が地球規模、ひいては太陽系規模で起きていることが一層懸念されるようになりました。

地球の自転速度が低下している原因ははっきりわかっていませんが、1日に数ミリ秒ぶん以下という単位で低下しているとされます。
自転速度の低下はおよそ25年から30年という周期で低下しているといわれ、低下サイクルの最後の年に震災の頻発が起こることもデータから判明しています。

2017年が自転速度の減速が始まってから4年めだったことで、自転速度回復期に入る2019年を前にした2018年から2020年にかけてが、世界各地で火山活動の活発化が続く時期と考えられています。

3.火山の大噴火や大規模地震が最も懸念されているのは・・・

そのため大規模な噴火や震災の発生に関しての警戒が叫ばれるようになっていますが、東日本大震災からの復興のほうを強くアピールしたい我が国では、国を挙げての対策が今一つペースを上げられない状態と言えます。

火山の大噴火や大規模地震が最も懸念されているのは、地球の自転低下サイクルやその他の条件によって2019年から2020年とされることも大きな不安要素です。

我が国では東京五輪をぜひとも成功させたいばかりに、自然災害への対策が強化されるどころか、新たな震災に関する話題などは縁起が悪いということで、危険性を指摘する声が抑え込まれてしまう心配もあります。

関東大震災や阪神淡路大震災と、東日本大震災をはじめとするここ数年日本各地で発生している大規模地震そのものは、特に明確なサイクルはみられないという声もありますが、地球の自転速度の低下で起こる地球内部の周期的な異常が世界の火山噴火や震災に影響しているのは動かしがたい事実です。

どんな類の災害も、いつどこで起こるかわからないと考えて、備えをしておくことが何より重要と言えます。